2018/05/31 12:09

気が付けば、お久しぶりです・・・。

2018/5/26~27に、2018年 初フェス!に行ってきましたーーー!
めっちゃ、楽しかったです♪

さてさて。
今回のブログは、「フェスとキャンプの準備の違いの件」です。
これは、経験で少しずつ学んでいきました。

補足:ここでの「フェス」とは、音楽フェスのこととします。
   GO OUT JAMBOREEやOUTHINGなどのキャンプメインのフェスは、また少し事情が違うと思います。



まず、「フェス」と「キャンプ」の違い。を、明確にすると、準備も明らかに違ってきます。
では、違いを挙げていきます。

◆目的◆
「フェス」音楽を楽しむ
「キャンプ」キャンプそのものを楽しむ(私の場合はキャンプ飯を楽しむ)

◆場所◆
「フェス」普段は公園や広場という場所
「キャンプ」キャンプ場

◆時間◆
「フェス」チェックインの時間はわりと自由だがチェックアウトの時間あり。音楽のタイムスケジュールあり。
「キャンプ」チェックインからチェックアウトまでフリー

と、大きく、「目的」「場所」「時間」が違うと思います。
あくまで、私の主観です。


「目的」
フェスでは、音楽をメインに楽しみたい!
なので、キャンプサイトにいる時間は、ほぼなし。
夜、ゆっくりできるくらいです。

「場所」
普段は公園や広場である場所での開催が多いです。
つまり、水場は簡易設置。
数が少ない上に、排水にもいつも以上に気を使います。
また、駐車場からサイトまで、かなり距離のあるケースもあります。
さらに、その道が悪路であることもしばしば・・・。

「時間」
チェックインは、音楽の始まる前からできます。
ですが、だいたいみんな同じような時間に会場に着きますので、混雑します。
チェックアウトは、音楽が終了してから余裕がないことが多いです。
また、音楽はきっちり時間が決まっていますので、かならず見たいアーティストさんがいるときには、
テントの設置がたとえ途中でも、ほったらかしで音楽を聴きに行っています。

と、いうことより、
・荷物は少なめ!
・食事はカンタン!
・洗い物はできるだけ無いように!
・設置や撤収は短時間で!
を、心がけています。

特に、工夫しているのは
・食事はカンタン! と ・洗い物はできるだけ無いように!

キャンプでは、キャンプ場に入ってしまうと、食料の調達が困難になることがあると思います。
そのため、しっかりと準備が必要です。

が、フェスでは「フェス飯」があります!
フェス飯だけでも、生きていけます!
つまり、極端に言えば「食事の準備は不要!」ということです。

しかし、フェス飯だけで乗り切ろうとすると、どうしても金銭的にきつい・・・。
ので、時にはフェス飯に頼り、自炊します。
その自炊も、下準備をしておき、短時間でできるもの。
もしくは、すでに調理済で日持ちがしてすぐに食べられるもの。
や、アレンジが効く常備おかずを、準備していきます。

具体的には、
・マリネ
・煮込み
・野菜茹でたもの
・鶏ハム
・ピクルス
など。

しっかり準備していけば、食事にそんなに時間はかかりません。
そして、フェス飯に頼ることも、全然あり。

とくに、片づけをしなくてはいけない最終日のお昼ごはんは、融通が利くようにしています。
例えば、パスタ(乾麺)とソース(レトルト)だったり、そうめん(乾麺)とめんつゆ(びん)だったり、
残っても問題のないメニューにしています。

↑ 1日目のお昼ご飯。メニューは、作ってきたトリッパとパンとサラダ。


あとは、洗い物を減らす工夫。

フェスキャンプの多くは、炊事場はなく、水が汲める程度。
数も少ない。
ので、食器を使い際にはラップを敷きます。
使い捨ての食器を使うのは、なんだか気が引けるのでこの方法です。
万が一、食器についても、拭き取って洗えばカンタン。
洗い場を長く占領しなくても大丈夫です。

とにかく、「フェス」には時間がない!
ごはん食べるタイミングや片づけなど、タイムテーブルが発表されると計画を練ります。

ま、そんな時間が楽しいのですけど。

とにかく、荷物はコンパクトにすることがおすすめですよー。
そして、カートは必須アイテム!
うちはカートをテーブルとして使えるように改良しましたー。
(これ、ご要望が多いので何とか商品化できないかな??)


と、書きながら、今回 参戦したHINO BIG TIME GROOVE は
会場はキャンプ場 → 水場しっかりあり!
さらに、オートサイトゲット → 荷物を少なくする必要なし!
タイムテーブルゆったり目 → キャンプ感を楽しむこともできた!
という、サイコーのフェスでしたーーーーー!!!!!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
出店の予定
7月1日(日)
ていねいに暮らすを伝えるマルシェ(@愛知県豊田市)
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 

PickupFactory&Store
ツタエルひと マツモトカナ
~捨てられるはずだった端材を使って、
 アウトドアで使えるモノ、暮らしの中で気軽に楽しめるモノなどを
 作っています。~