2017/01/26 21:30

さてさて。
キャンプ用の組み立て式木製棚の改良について。
前回は「重さ」についての改良を書きました。
が、大切なことを書いていませんでした・・・。

どれだけ、重さが軽くなったのか?
これ、トッテモタイセツ・・・。ナゼ、ワスレタ・・・。

では、発表します!!
な、な、なんと!

今までの折りたたみ3段棚は約6.5㎏でした!


そ、そ、それが!

約3.6㎏に!!!!!


すごくないですか?!(←自画自賛ですみません・・・)
(実は、棚の重さをはかるために久しぶりに体重計を出し、乗ってみたのですが、驚愕しました・・・)
と、「重さ」の改良のお話はここまで。


で、もう一つ、改良したいこと。
それは、「お値段」。

PickupFactory&Store では、かっこいいモノ、すてきなモノ、
それでいて購入しやすい価格のモノを取り扱うことを目指しています。

と、あらゆる場所で宣言しています。
その割に、「折りたたみ3段棚」は少し高価だな。と、感じていたのです。

以前、ブログにも書いたように、わたしたち(「ツクルひと」と「ツタエルひと」)は、
いろんなことを楽しみたい。
だから、いろんな道具が必要。
いろんな道具を買うときには、
「なるべくヒトが持っていないもの」
「なるべく長く使えるもの」
そして「なるべくお値打ちなもの」
を、探します。しかも、徹底的に。

そして、気に入ったものを買います。

で、その立場になったときに、「少し、高いよね?」ということになったのです。
折りたたみ3段棚のコストで、削減できそうなのは「製作時間」。
これが、案外、時間がかかるのです・・・。

が!
「重さ」を軽減させるために、フレームを減らしました。
と、いうことは!フレームの製作も半分です。
おぉーーーーーー!
すでにコスト削減してる!



ちなみに、フレーム製作の手順はコチラ↓↓↓
1.木材を大雑把にカットします。
2.木材の反りなどを整え、各パーツのサイズにカットする。
3.各パーツの面取りをします。
4.穴などを加工します。
5.各パーツを水びきをします。(これをすると、木目がざらざらしてきます。)
6.各パーツ、やすり掛けをします。(粗目と細かい目のやすりで、すべて2回。)
7.組みます。
8.塗装します。(2度塗り。しかも、乾くまで24時間はかかる・・・)

と、割とやることが多くて、時間がかかりますので、半分にフレームが減ったというのは
とってもコストカットにつながるんですね。

あと、もうひとつ。
写真を見てもらえればわかると思いますが・・・。
それは、次回のブログで。

↑↑完成した新商品!「組み立て式 木製キャンプ棚」↑↑

まだまだ続く、改良秘話。
と、いうことで、またまた次回につづく。

また、次回もお楽しみに!
ここまでお読みいただきありがとうございました!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
PickupFactory&Store 
ツタエルひと マツモト カナ
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「すきなこと」や「楽しいこと」を”気軽”に楽しむお手伝い。
少しのJOYをプラスするキャンプギアなどのお店
PickupFactory&Store です。
https://pickupfs.theshop.jp