2017/01/21 13:12

前回は、組み立て式の木製棚の改良について、を書きました!

って、っ結局は、何を改良したかの結論までたどりついていませんね・・・。
       
もともと、PickupFactory&Store で作っていた、「折りたたみ木製3段棚」というキャンプ用の棚からの改良点。
ひとつめは「重さ」。

重さの理由は、構造と、枠に使用している木材の種類です。
だけど、木材の種類は変えられないっ!!
と、いうところまでが、前回のブログの内容でした。

では、構造でなにか改良できないか。
改良の目的は、「重さ」。

またまた、うんうんと考えました。
もともと、折りたたみ3段棚も、かなり考えて考えて絞り出した構造。
この時は、「持ち運びができる」「折り畳みができる」棚という考えでした。

しかし、今回は「持ち運びができる」「軽い」。というのが、条件。
少し、着眼点を変えなければいけません。
それが、一度、決めた方向から見ると、なかなか違った方向から物事を見つめ直すことは難しい・・・。
木材の種類は変えたくないので、構造を変えるしかない。

「折り畳み木製3段棚」のフレームを半分に減らせないか。そう考えました。
「折り畳み木製3段棚」は4つ。半分に減らせれば、半分の重さに!と、までいかなくても、かなりの軽量化になるはず。


じゃあ、思い切って、うしろの2つのフレームをなくしてサイドの2つだけにしちゃいましょう!
と、いうことで、やってみました!!

ダメでした!!
単純に、サイドのフレームに棚板を乗せるだけでは、かなり、棚がグラグラしてしまいます・・・。

あー。
もう少し考えないと。

どうして、グラグラするのか?
どの向きにグラグラするのか?

棚をグラグラ、ゆらゆらしながら、観察し、考えました。

「横揺れを止めればグラグラしないのでは!!」
と、思って、真ん中の棚板をフレームに固定する「ねじ」を付けてみました。

すると、どうでしょう・・・。
まだ、グラグラする・・・涙

どうしたもんかの?
全体的に横揺れが止まるようなことを、考えなきゃ。

思いつきました!
後ろの上下に、なにかつっかえるものを入れたらどうでしょう??
例えば、アルミパイプとか。アルミなら軽いし!
それを入れることにより、斜めに動くのを抑えられる気がする!!

よし!やってみよう!
!!!!!
いい感じです!

と、いうわけで、フレームを半分にして、かつ、軽い部材を追加することによりぐらつきを抑えて軽量化することができましたー。

が、もう少し、改良したいことが、実は、あるんです。
それは、次回のブログで。

↑↑完成した新商品!「組み立て式 木製キャンプ棚」↑↑

まだまだ続く、改良秘話。
と、いうことで、次回につづく。

また、次回もお楽しみに!
ここまでお読みいただきありがとうございました!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
PickupFactory&Store 
ツタエルひと マツモト カナ
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「すきなこと」や「楽しいこと」を”気軽”に楽しむお手伝い。
少しのJOYをプラスするキャンプギアなどのお店
PickupFactory&Store です。
https://pickupfs.theshop.jp